Indiegogoで買ったシンセが届いた。

春先にIndiegogoで出資したFolktekのセミモジュラーシンセMescaline、届きました。
さすがにどちゃくそ嬉しいのでアンボックスとかしちゃいます。ミンミーン!

なにこの箱イカす。

ビス、ナットの他に抵抗も入ってる。組立てには使わないけど自分でハックできるのね。

フレームを組んでいく。

ボードをはめていく!

はめた!!

鳴った!!!

パッチングに使うのはBastl Instrumentsなんかでも使ってるジャンパーケーブル。中央のボード「Motion」がCV/ゲートシーケンサーになっていて、ディバイドするテンポをCLK INに差し込んでテンポを作る。インサートが2口なのは使いやすさのためらしいけど2個出しもイケる。他にもいろいろついてる。

下のボードはサウンドジェネレーター/エフェクターの「Channel」。10鍵のタッチシンセで、シーケンサーやCV、Modをパッチングして音を出す。バクトールとかいろいろついてる。

上のボードは「Mental」、まだ謎が多い部分。4つのパッチポットを持つドローンシンセで、中央のtriggerに色々パッチングして瞑想味にしていく。triggerは垂直に対してノーマライズされてるみたいで、各ポット2×3のパッチポイントからぐしゃーっと挿すといろいろな音が出る。謎が多い。

その下にあるブレッドボードも垂直にノーマライズされてるので、たとえばcv outをパッチングして同じ縦列にパッチングすればcvを取れる。マルチプルみたいなもんだと思う。動的なドローンを作るにはChannelのリバーブに通したいけどそうするとChannelのシンセがほとんど聞こえなくなる。一緒に鳴らせないものか探り中。

Channelの裏面は各タッチシンセのチューニングやバクトールの具合、外部エフェクターの流量が調整できる。

音はこんな具合。WMDのミキサーに通してるけど出音はMescalineだけです。

#indiegogo #folktek #mescaline #modularsynth #meditation #noise

tokino09さん(@tokino09)がシェアした投稿 –

素晴らしいよね〜〜〜〜〜〜。

いいよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。