Friedlander Violinの使い心地とか

150317

今までストリングスはサウンドフォントのCadenza Violinを使ってたけど、思い立ってFriedlander Violinを買った。
お手ごろ価格のバイオリンソロ音源(アンサンブル有り)で、ビブラート、レガート操作が明快だったのが購入理由。容量も多くないしね。

詳細な機能レビューとかは他所さんがやってるから省くとして、復旧に3時間くらい要した面倒な落とし穴を備忘録がてら書いときます。

モジュレーションホイールでビブラートを操作できるのでそれをLogic側にキーアサインしようと思っていつものように⌘+Lでビブラートフェーダーを操作したら、「ビブラートを操作したらCore Audioがエラーになる」状態になった。音が出ないわけです、Logic以外のアプリケーションからも。
Core Audioの復旧は環境設定からなんとかなるとして、ビブラートのキーアサインはKontakt Player側のコントロールチェンジをいじくったら直った。

この手のサンプラー音源の記事や情報ってあんまり溢れてないからもっと積極的に情報公開していきたい。されていきたい。使い込んでいきたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。