完ッッッッッッッッッ璧だった『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』をレビューしたい

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』見て来まして、もうこれは。これは。貢献したい気持ちしかないし、全てのスタッフへの感謝しかない。その感動を少しでも伝えるべくレビューすなり。

といっても各方面で最&高評価が出まくっているのでそこはもう言うべくもなく、その良さみ、味付けについても「俺達が見たかったマジンガーのすべてがここに!」、「わかってる、わかってるぅ!」、「よくぞやってくれた!」、「今のマジンガーとして相応しい!」なベクトルであることもご承知でしょう。
実際僕もそうです。「あっ、この演出好き♡ ここも好き♡ この持ってき方も好き♡ あっ、あっ、あっっ〜〜〜〜♡♡♡」状態でした。僕はこの映画を「全部サビやん」と表現しました。
もはや「どうしてこんなに俺達の好きなものがバレバレなんだ……!?」というレベル。で、パンフレットを読んでみると、やはりというか制作陣もマジンガーが大好きな人たちばかりで、その熱意や愛が作品ににじみ出ている。ってかこのパンフレット本当に本当に良くて、もはやパンンフレットが熱いんです(©たりないふたり 山里亮太)。インタビューもコメントも、全部がアツい。アニキのコメント見て涙袋緩む。あと本文組みが読みやすい。ヒラギノ角ゴですかね?

最近はアニメ映画もわりとパンピ市民権を得てきたというか、『サマーウォーズ』とかあーいう系のおかげで受け取られ方も変わったんじゃないかなと。それは「アニメだけど深い、泣ける」みたいな部分がまだあって、ゆえに「アニメだけどヒネってナンボ」みたいな深イイ寄せみたいなのは感じたりするんです、作品にもよるんですけど。で、『マジンガーZ』みたいなヒーローアイコン作品のリメイクともなれば時代も社会も連載当時のノリとは大きく違ってるわけで、『ガッチャマンクラウズ』や『アベンジャーズ』のような自覚的なヒーローあるいはヒーローのアイデンティティをグサリみたいな、包括的な描き方をして深さを出すみたいなのは定番化してきてる気がしてる。タツノコは前からそうですけどね。ところがどっこいしょ、今回の『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、ロボットアニメ映画のど真ん中のど真ん中を鉄拳ロケットパンチでぶち抜いてきました。小細工や含蓄といった面倒臭さは一切抜き、エンタメのど真ん中。それでいてストーリーは薄くない。シンプルゆえに引き立つ、シンプルゆえに綺麗に収まる。文句/zeroです。

んで、バトルシーン。もう笑って鳥肌って泣いちゃうほど突き抜けてカッコいい。カッコいいじゃないな、それで良い、だ。マジンガーだもんな、そうだもんな、そうだよ!!!!! を、100000回くらい見せ付けてくれます。妄想レベルのゲキアツバトルを映像化した作業工程には、おそらく全スタッフの「そう、これ、これだよ!!」という思いがあったからだとあっしは確信しとります。

とはいえ、見ているなかで引っかかった部分も無しじゃあないです。そのテンションパラメーターをグラフで表すとこんな感じです。

引いて見るとこんな感じです。

気になるポイントがあるたびにマイナス0.1ポイントくらい下がるけどそのあとすぐ+10000点くらいいくので最終的にInfinity点です。
その気になるポイントっていうのも、「あそこの繋ぎあと2秒だけでいいから暗転の時間長くして欲しかった」とか「あそこの台詞の間はもう少しじっくりとって欲しかった」とか、基本この類いです。上映時間95分だから削った部分もたくさんあったんだろうなぁと。

でも万人に★5をもらえる作品じゃないだろうなというのは思ってて、世代とか関係なしに。マジンガーファンであっても求めるものとかアツさのツボみたいなのは違うと思うけど、『うしおととら』とか『惑星のさみだれ』みたいな、予想できる王道を予想以上の演出でねじ伏せるアツい作品に震える人に刺さる気がする。んでそういう人はステータス異常[感謝]になる気がする。キュアモフルンのバトルに震えた人なら間違いない。でも、それでいい。それが見たかったし、マジンガーでそこを描いてくれたことがこの上ないしふく〜〜〜〜。

そして、音楽。オケ大正解、煽り方大正解。渡辺宙明先生から渡辺俊幸さんへ受け継がれるマジンズムに、一点の瑕疵もなし。テーマソングの入りのベルトーンさーこれもうさーー伝説が蘇りそして始動しますよ感フルテンじゃないですかーーーー大大大大大正解〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

こーーーんなにプリミティブに「カッコいい!!」で震えた作品は本当に久しぶりかもしれない。ネットの評判や予告を見て琴線にキた人は、興味半分で見て欲しい。そういう入りで良いと思う、この作品は。
予告の段階で、わりと食いつきそうな人を狙い絞って来てるなーと見てから思ったので、その琴線はわりとハズさない気がする。あのビューナスA戦隊にゾックゾクくるかどうかよ。
シネマズさんのレビューも愛まみれで好き。そう、言いたくなるのよ、このこれは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。